国際ビジネスにおける国際弁護士の役割①
国際ビジネスにおける国際弁護士の役割(1) 国境を超えてビジネスを展開するにあたり、国際法務に精通した弁…… read more
国際レベルの法曹団体
弁護士会は、それぞれの国や地域にあるのはもちろんですが、国境を越えたレベルのもの(弁護士会というより法曹団体と…… read more
日本の弁護士会、外国の弁護士会
日本の弁護士は、必ず、地域レベルの弁護士会(単位会といいます)と日本弁護士連合会に所属します。単位会は、都道府…… read more
合弁契約のポイント
外資規制がある場合は必然的に、またそれがない場合でも戦略的に、現地パートナーと合弁会社を設立することがよくあり…… read more
直接進出のポイント
海外に自社の拠点を構えることは、現地でのプレゼンスを高め、本格的な進出の足掛かりとなります。現地法規制との関係…… read more
秘密保持契約のポイント
形態を問わず、取引の開始に先立っては、まずお互いに情報を開示し合います。そこで交わされるのが秘密保持契約(No…… read more
生産委託のポイント
海外の安価な労働力は魅力ですが、自社工場を設置することはハードルが高いです。そこで、海外の業者に部品や完成品の…… read more
販売店・代理店契約のポイント
販路開拓のため、現地のパートナーと販売店契約又は代理店契約を締結する場合のポイントを簡潔にまとめます。海外展開…… read more
輸出販売のポイント
ここでは輸出販売、すなわち自社が海外取引先に商品を販売し、代金を受け取るケースについて、特に気を付けるべき点を…… read more
これから海外展開を考える方へ
今回は、これから海外展開を検討される方に向け、およそどのようなことに留意したらよいかを簡潔にまとめてみます。 …… read more
海外居住の方からよくあるご質問
海外に居住される方からよくお受けするご質問をQ&Aでまとめてみました(居住国は仮にアメリカとしています…… read more
弁護士会って?
弁護士会という名称は、時折ニュースなどで耳にすることがあると思います。また、ご縁のある弁護士がどの弁護士会に所…… read more
他の士業との使い分け (2)
前回のコラムでお話したように、税理士、行政書士、社会保険労務士、司法書士、弁理士、不動産鑑定士、中小企業診断士…… read more
他の士業との使い分け (1)
ナントカ士と名のつく資格業は弁護士の他にもたくさんあります。 税理士、行政書士、社会保険労務士、司法書士、弁…… read more
顧問弁護士 (7) ~顧問弁護士を「頑固者」に?~
顧問弁護士を活用していただくひとつの場面として、お取引先等との交渉において、顧問弁護士を「がんこ者」に仕立て上…… read more