弁護士の地域性

現在、日本の弁護士は約3万人おり、その内およそ半数が東京に集中しています。次は大阪で、名古屋、福岡、札幌といった高等裁判所の所在地が続きます。
なぜ東京に弁護士が集中するかといえば、やはり人とビジネスが東京に集中していることによります。

業務内容による弁護士のタイプは、大きく分けて二つのタイプに分けられます。一般民事・刑事系の弁護士と、ビジネス・企業法務系の弁護士です。
前者は、離婚、相続、交通事故、債務整理といった、多くの方がイメージを持たれているであろう業務です。
後者は、M&Aなどの組織的な案件、ライセンスなど知的財産に関する案件、その他、業務委託といった様々な契約関係など、企業に関わる全ての案件を扱うものです。 前者は、いわば弁護士の古典的な業務であり、地方の弁護士のほぼ全員がこうした業務を中心に活動しています。東京の弁護士も、こちらを中心を活動している方がたくさんいます。
他方、ビジネス・企業法務は、全ての弁護士が対応しているわけではありません。こうした業務に精通している弁護士は、東京や大阪に集中しています。案件が多いので、ノウハウも集中しています。
さらに、国際取引にも対応できる弁護士となると、その中でもかなり限られています。

地方にお住まいの方にとって、すぐに会って相談できる顧問弁護士がいることは大切ですので、まず地元にそのような弁護士を見つけられるとよいと思います。
しかし、ビジネスに関する案件については、東京の顧問弁護士を持たれることをお勧めします。特に、国際取引に関わられている場合はなおさらです。
もちろん地方にも優れた弁護士はたくさんいますが、ビジネス法務に関しては、案件数と経験という点で、東京の弁護士に軍配が上がると思います。

従いまして、地方にベースを置かれている企業の方々は、我々のような東京の国際系ビジネス弁護士も、顧問などとしてご活用頂ければと思います。コミュニケーションについては、地理的にすぐに会うことは難しいかもしれませんが、今は便利な世の中ですので、不自由なく対応することができます。