生産委託のポイント

海外の安価な労働力は魅力ですが、自社工場を設置することはハードルが高いです。そこで、海外の業者に部品や完成品の製造を委託することがよく行われます。しかし、製造に関する考え方は極め細やかな日本人のそれとは異なり、また遠隔地ゆえ管理上の制約もあることから、トラブルも多いのが実情です。

  • 1.委託内容を明確に

    製造に関する日本人の意識の高さや繊細さは世界一とも言えるものです。海外の業者は、どんなに真面目であっても、商慣習や規格が違いますので、そのままでは日本人の求める品質のものを作ってくれることは期待できません。従って、仕様やプロセスをできるだけ明確に定めることが大切です。

  • 2.実効性ある品質管理

    契約上、工場への立ち入り検査などを自由にできるようしておくことは重要ですが、実務レベルで実効性ある品質管理ができるかが成功の鍵といえます。

  • 3.再委託の可否と管理

    下請への再委託を認めるか、認める場合はそれをどのように把握し、管理するかをきちんと定めることが大切です。知らないうちに聞いたことのない工場で自社製品が作られ、機密情報も散逸していたということがないようにしなければなりません。

  • 4.納期と検収プロセス

    海外の業者は、日本人のように時間を守りませんので、納期は余裕をもって明確に定めることが重要です。

    また、支払いの前提となる検収のプロセスや条件をわかりやすく記載することが大切です。検収が上がらないとして支払いを拒んだところ、追加の納品を止められたというケースはよく耳にします。

  • 5.品質保証

    納品された製品に問題があった場合、いつまで、どのような保証をしてもらうのか、詳細に記載することが肝要です。買主としては、できるだけ長く、手厚い対応をしてもらえるよう交渉を惜しまないことです。

  • 6.委託料の支払い条件

    海外の業者が、設備投資や仕入れが必要であるなどとして、代金のかなりの割合を前払いするよう希望するケースがよくありますが、要注意です。納期や品質に不安がある状態では、きちんと納品しなければ代金を支払わないという条件付けが最も効果的なリスクヘッジといえますので、安易に譲歩しないようにしましょう。

  • 7.知的財産(ノウハウを含む)の管理

    貴社の重要な技術を提供して製造してもらいますので、それが流用されたり、外部に漏れないよう、しっかりと秘密保持義務を課すことは必須です。また、運用上、核となる技術についてはブラックボックス化することが可能であれば大変有用です。

  • 8.競業品の取扱い

    貴社の技術が、競合他社の製品に流用されたり、あるいは委託先が貴社の技術を使って類似品を勝手に製造したりすることがないよう、契約で明確に禁止するとともに、運用面でもモニタリングを欠かさないようにすることが大切です。

  • 9.契約終了時の対処(知財、貸与品等の返還)

    生産委託契約が終了したときは、貴社の技術が流用されないよう、知的財産に関わる資料等を速やかに返却又は消去するよう、予め契約に定めます。また、貴社からの貸与品や支給品がある場合は、速やかに返還してもらいます。