初期のご相談は、原則として30分5,000円(税別)にてお受けいたします。
もっとも、具体的な助言に至らない場合や、お見積りのためのお打合せは無料です。

クライアント様のニーズ、事案の性質、費用対効果などを考慮し、ご相談の上、以下の着手金+成功報酬制、固定制、時間制、顧問制、を適宜組み合わせ、最適なプランをフレキシブルにご提案いたします。
ご了解いただいていない費用を請求することはありませんので、安心してお気軽にお問合せください。

国際案件につきましては、時間制で対応する事務所が多いですが、当事務所では、ご予算を立てていただきやすいよう、可能な限り固定制でのご提案もさせていただきます。

これらの他、法的手続に要する諸費用、通信、交通、宿泊などの実費、出張などの際の日当などが発生する場合がございます。

着手金+成功報酬着手金+成功報酬

交渉、調停、訴訟など、一定の結果を目的とした案件では、業務の開始に先立ち、案件の難易度や金額に応じた着手金(10万円~)を頂戴するとともに、得られた成果に応じた成功報酬をお約束頂く方法が一般となります。

固定制/フラットフィー固定制/フラットフィー

定型的な契約書の作成、内容証明の作成など、要する時間を推測しやすいスポット的案件については、一件あたりの単価を定めて対応させていただきます。

時間制/タイムチャージ時間制/タイムチャージ

交渉、リサーチ、契約書作成、M&A、被告側訴訟など、案件に応じて要する時間が大きく異なるか、推測しにくい場合、目的とする成果を金銭に換算しにくい場合、外国語によるコミュニケーションゆえ通常以上の時間を要する場合、他の弁護士の協力を要する場合などは、費やした時間に比例した費用をご請求させて頂く場合が多くなります。ご心配でしたら、上限を定めることも可能です。

顧問制顧問制

毎月、一定の顧問料(5万円~)をお支払い頂くことにより、顧問料の範囲内の案件については費用を気にせず、どんなことでもいつでもお気軽にご相談頂くことのできる制度です。また、いざというときには責任を持って対応させて頂くことをコミットいたします。日頃からご相談頂くことで、コンプライアンスやリスクマネージメントの体制が自然と整います。また、顧問弁護士を擁することは、貴社の信用や交渉力の向上にも役立ちます。顧問料は、事業規模や含まれるサービスの内容により異なります。顧問契約をご締結いただいている場合には、個別案件につき、適宜割引もさせていただきます。法務のプロをアウトソースするイメージです。

顧問契約の詳細はこちら